カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

サルルンカムイ

冬らしい朝が続いているが・・・どうも恒例の風邪引きさんになってしまったようです・・・朝晩はティッシュの山ができあがる・・・。笑)
個人的にもなにやらかにやらと有り、ブログを書くまでにいたらず・・・と言う日々でした。

題名のサルルンカムイ・・・サルルンは湿地、カムイは神・・・丹頂のことです。
サルという言葉がつくと、葦などのことも指しますね。釧路の海岸線ニサルキウシという場所がありますが、ここは海岸線からいきなり崖が切り立った場所ですが、中腹辺りから海の近くの僅かな場所に葦が生い茂り、小さな川と滝があります。ウシはたくさんという意味です。

                        koori_convert_20091130095645.jpg aka_convert_20091130095810.jpg


傍を泳いでいるのはミコアイサの雌のようです。此処では他にオオバン、スズガモ、ハクチョウ、カワアイサなどが見られました。いずれも冬の水鳥です。

                        hasi_convert_20091130095922.jpg

一見、コガラだと内地の方は思われるかもしれませんが、この鳥は、ハシブトガラと言います。北海道の固有種です。どこが違うの・・・?と思いますが、一般的には鳴き声で聞き分けるしかないのかと・・・色々識別の仕方があるのですが・・・動き回る彼らでそれをやるのは至難の技・・・F1ドライバーかゴルゴ13にでもならなきゃ無理ってもんです。笑)
スポンサーサイト
comments(11)|trackback(0)|動物|2009-11-30_09:44|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。