カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

残り・・・

厚岸の町中を海岸沿いに西へと歩く・・・もう家々のカーテンは開き、ストーブのそばでは、食事も終え湯のみで掌を温める人の姿も見える・・・それぞれの家でそれぞれ一日が始まったようだ。

街中を少し進むと民家は途切れ、昆布干し場のみの道になる・・・昔は、この先にモーテルがあったっけな・・・・もう面影となるようなものなど何も残っていない・・・その頃の絵を思い出そうとしてみたが、満足な形にもならず・・・・・名前も思い出せず・・・。笑)

一回だけ振り返り、カメラに厚岸大橋の絵を収める・・・・シャッターを押したのは、今回は、これのみ・・・・。

門静の手前、坂の上の展望駐車場には、車が五台・・・夜を明かしたのだろうか・・・。

門静からコースが二つ・・・・苫多という小さな集落を抜ける海岸コースか、それとも国道を行くか・・・問題は、路側帯だ・・・・狭かったら苫多を行こうかと思ったが、そこそこ広いので国道を選択・・・すぐの跨線橋では、車の通行がなくなるまで暫く待ち、無くなると同時に走り抜ける・・・まだ走れるぜと、ちょい感激・・・。笑)

ここから尾幌の直線までは、快調だ、路側帯の幅も広いから車が来れば、少し寄ればいいだけだ・・・前から来る車と後ろからの車の音を聞き、重なりそうだと思ったら、路側帯から離れて立ち、車が過ぎるまで歩くのをやめることにする・・・安全第一だもんね・・・。

尾幌の直線に入ると、路側帯の幅が狭くなる・・・ここから国道を外れ、農道を歩く事にした・・・
いいねぇ・・・車の通らぬ農道は貸切・・・ど真ん中をあるく・・・軽快なピッチを刻む・・・少々、左の膝裏に違和感があるが、痛みは無いので、このままのピッチでいいだろう・・・。

尾幌の集落にあるセブンでサンドイッチと飲物を買う・・・ここから、又、国道を行くか北太平洋シーサイドラインを行くか・・・又、迷う・・・国道を行けば距離数47キロ・・・シーサイドラインを行けば60キロだが交通量は比べ物にならぬほど少ないから安全だし、気をつかわなくてもいい・・・でも13キロの差は大きい・・・時間にして2時間、到着は、暗くなる・・・で・・・結局国道を選択・・・ここまで17キロ・・・まだまだである・・・。笑)

ここからが時間がかかった・・・狭い・・・何回も道路外で車が過ぎるのを待ったか・・・数えるのもしんどい・・・。笑)   気を使ってくれた車も一杯いただろう・・・「有り難うございました」・・・。

一時間半ほど進むと上尾幌入り口にさしかかる、ここから道はじわりじわりと登りだす・・・橋を渡ると、ここから本格的なのぼりになる・・・止まると、又、歩き出すのがしんどいのでピッチを落とさず登る・・・登る・・・この間約一時間・・・これが一番きつかった・・・ここでの無理が後で出てくるとは・・・ここまで約28キロ・・・・時間にして五時間経過・・・残り、19キロ・・・楽勝だぁ・・・と思っていたが、甘かった・・・下りになると足が動かない・・・あれッ、俺って・・・びっこひいてねぇ・・・・昆布森入り口に来た時は最悪・・・ここから自宅に向かえば10キロだが・・・・迷う迷う・・・笑)・・・・・しかし腹へったしなと誘惑に負け、セブンのある別保へ向かう・・・助けになってくれたのが、測量用に道路に書いてある20mごとの文字・・・これにお数を合わせて歩く・・・20mごとのピッチ数が26歩、スタート時が、24から25だったから・・さすがに足に来てます・・・。笑)

深山の長~い下りも惰性がつく分、可也しんどい、途中で太腿をパンパン・・・と克入れます・・・。笑)

こんなにコンビニに入るのが嬉しい日は無かった・・・・お握りと飲み物を買い、別保の公園で五分休憩・・・後は、ぐっとピッチを落として、歩く・・・ゴールの東釧路はもう見えている・・・・。

生協の薬局で、湿布を買い・・・漸く帰りついた我が家でした・・・・。

家に帰り足元を見て見ると・・・痛くは無いので、気がつかなかったんだけど、両の踵に大きな血豆が右足のやつなんか4×5cm程、左が2×4cm・・・・破ると痛いので暫くほっておこう・・・カカに言われました・・・「馬鹿じゃないの・・・こんなになるまで、なんで歩かなきゃならないの」・・・いいじゃん、お前が別に痛いわけじゃないべ・・・。笑)

最後に、車に乗っておられた方々のお気遣いに感謝です・・・有り難うございました・・・・。
comments(28)|trackback(0)|未分類|2013-11-18_07:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ひげさん、こんにちわ♪
とてつもない距離歩いてますね~・・・(@_@。
その足腰と根性に脱帽です!!
来年は一緒に山登りはどうですか♪
No title
何故山に登るのか? そこに山があるからだ。
何故ひげさんは歩くのか? そこに道があるからだ。
見習って今朝は少し歩いてきましたよ~。気持ちよかったあ!
(^、、、^)
こんにちは。

その脚力の半分、
ナンテイに呉れないか(*_*;

なんとも羨ましい体力!

あははは!
「いいじゃん、お前が別に痛いわけじゃないべ・・・」

たしかに(笑!

修行みたぁ~い(^ ^♪
あっちこっち気ィ取られて脇に入り込んだりしながら歩ける方が楽しくないっすか。 お疲れちゃんでした。
No title
終り近くになっての上り坂はきつそう・・・。
カカ様は心配して言うんだからね。心配してくれる人がいる
有り難さ。分ってるくせに、イイジャンなんて。これも愛の表現かな?
No title
maraverickさん おばんです。

思いつきです・・・・歩けるべ・・・と歩き出したら・・・・こんな風になりました・・・。笑)

来年ですね・・・宜しくお願いします・・・。
No title
蘭子さん おばんです。

見習わなくても・・・いいですよ・・・・エネルギィーの無駄遣い・・・・・・です・・・・・・美容、健康のためにとっておきましょう・・・・。笑)

でも偶には、いいもんでしょう・・・・?。
No title
NANTEI師匠 おばんです。

カカの言う事は、もっともです・・・。笑)

最近、自覚している体力の衰え・・・・いかんともし難く無駄な抵抗を続けております・・・・。笑)

No title
航空屯田兵さん おばんです。

そうなんですよね・・・解かっちゃいるんですが・・・・何故か猪に化けちゃうんですよね・・・。笑)
No title
りょうこさん おばんです。

そうです・・・その通りです・・・・わかっております・・・。笑)
なんとなくわかります
6~7年前,小樽に住んでいたときに,自宅から余市町まで歩いたことがあります。

国道5号線を20キロ強歩いて,帰りはJRに乗って......ひげさんと逆のパターン。たったの20キロですけど。

左膝の裏側が腫れてしまい,余市の薬局で湿布を買ったっけ......似てます(笑)

いつも車で走る道路だけど,歩いてみて初めてわかります。歩行者には全く優しくありません。特にトンネルは怖かったことを覚えています。

翌年も同じコースを歩きました。歩き方に気を付けたので足を痛めることはありませんでしたが,この歳になって冷えると最初に苛めた左膝の裏側が痛みます。

それにしても47キロとは.......大したものです。

「馬鹿じゃないの」と言う奥さんの気持ちもわかります。なんでそんなことしちゃうのでしょうかね。

来年も挑戦してください(笑)  でも,お身体大切に。
ニシパhigeさん・おばんでした
健脚につぐ健脚・・畏れ入りました。
それに比べ私は10日から風邪で寝込みました。
情けない、情けなさ・・・
よ~し、私もガンバリマス。
こんばんは。
毎日凄いですね。
今日帰宅途中にリュックを背負って歩いてる方を見かけ
ひげさんかと思い振り返りました。
でも全然違う方向でした。
寒いので風邪引かないようにして下さい。

No title
すごい脚力ですね~
脱帽です「
血豆…早く良くなりますように
おかえりなさい
 お疲れ様でした。日にち薬で 血豆もよくなります。お大事に。
 治ったらまた 行くのでしょう。歩けない日は 足踏みだけでも 
 気持ちがすっきりすることがわかりましたが 外を歩くに比べたら 
 5分の長いこと。
No title
またコメが送れなかったようです
凄いとしか言い方が無いですよ、私も血豆が出来るほど歩けるかな 膝がその前に笑っちゃいそうですよ
No title
みぃみぃさん こんにちは・・・。

小樽、余市方面もいいですね・・・もう何年も行っていませんが・・・・・。

確かに、幹線道路は、人が歩くということを念頭に造られたものでは無いようです・・・。

同じ平面をたかだか5キロほどの人間と時として100キロを越す車が並走するのですから、危険は大きいですね・・・。

今度、暖かくなり日が長くなったら泊りがけで根室まで・・・あと76キロです・・・。笑)
No title
よきちのひろさん こんにちは・・・。

早く風邪治して体調万全にしてください・・・。
コアが寂しがりますから・・・・。

歩いているのに、体重が増えてしまっています・・・不思議です・・・どうも歩く時間よりも早さに原因があるような・・・・。笑)
No title
なつさん こんにちは・・・。

風邪でも引きましたか・・・大丈夫ですか・・・?。
おっちゃんも見ましたよ・・・ザックを背負って歩いている人、歳の頃は同じぐらいかな・・・眼鏡をかけておられましたが・・・。
No title
チャンコナベさん こんにちは・・・。

豆・・・美味しそうです・・・・。笑)

痛みは無いので暫くほおっておきます・・・下皮できてきたら・・・ビリッと・・・いっちゃいましょう・・・。笑)
No title
小紋さん こんにちは・・・。

距離を移動すると言う面白さがありますね・・・。

明日は、キラコタン岬(湿原北側にある丘陵)へ出かけてきます・・・大きなカットバン買いました・・・。笑)

No title
EGUTIさん こんにちは・・・。

半年前は、ただのぶ~ちゃんでした・・・今は身軽なぶ~ちゃんです・・・。笑)
No title
写真ないけどよーくわかりますよ、情景が。
文字での描写力もすごいのねぇー。
No title
ままじさん おばんです。

作文は大の苦手でした・・・これを書くだけで息も絶え絶え・・・・・・。笑)
No title
かかとの血豆は靴のせい?
カカさまのおっしゃるとおりですよ・・。
No title
わたあめさん おはようございます。

早いですね・・・お疲れ様です・・・。

歩いているのに増えてきた体重の所為では無いかと・・・笑)・・・・登り坂の所為かも・・・先の50キロでは、なんともなかったんですが・・・靴もそろそろ限界・・・なんですが・・・・。笑)

はい・・・馬鹿なんですよ・・・知ってたでしょう・・・。笑)
カカさまに一票
主人が血豆つくって帰ってきたら私もきっと同じようなこと言いそう(笑)
結局、愛されてるってこと! 心配かけちゃいけませんねぇ・・・^^
「いいじゃん」とか、「そこに道があるからサ」じゃ済まないべ !?
No title
きつつきさん おはようございます。

はい、その通りです・・・私が悪ぅございました・・・。笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。