カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

柴犬を連れた叔父さんが、歩く・・・・散歩道・・・・

ちゃんとした道路じゃ有りません・・・昔々の炭鉱のズリ捨て場だった所じゃないかな・・・十年程前までは坑内の排気口もありました・・・。



2r_convert_20140121173152.jpg




jutaku_convert_20140121173351.jpg



yoka_convert_20140121173515.jpg



tatu_convert_20140121173624.jpg



ddf_convert_20140121173733.jpg








 

comments(22)|trackback(0)|未分類|2014-01-21_17:53|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ズリというのが分からないけど、使い物にならないもの?だから捨てる。
今度から、役立たずを『ズリ』と呼ぼう(笑)
最後のは氷かなあ?とてもきれい!
No title
りょうこさん おばんです。

ズリちゅうのは、石炭を選炭した後を黒ズリ・・・炭層にいきあたるまで掘った石を白ズリといいます・・・。

誰さ言うのさ・・・。笑)

氷です・・・明日からは、暫く氷シリーズだで、寒いぞ・・・・。笑)

No title
例えばオバマとか・・・笑。
No title
『ズリィ』・・・笑)
No title
ボタヤマの事ですよね
昔 質の良くない石炭が池澤炭鉱ってところで出てまして炭鉱山が有ったんですよ(小学校のスト-ブはそれを燃やしてましたよ) 高学年になるころは廃坑になってましたが捨てた石炭山が有った様な気がするんですよ

なんかモノクロも面白い表現できますね
No title
きれいですね、最後の氷は、まるでレースみたいに見えます。
炭鉱のあとも今は寂しそうですね。
映画のよう
なかなか日本ではお目にかからないような景色です。
カメラマンの目も格別な思いがあったのでしょうか。

最後の一枚はへちまをモノクロで撮ったようですね プッ^m^
モノクロもええべ
モノクロも実にいいですね。
4枚目の写真の上のほうに見える建物、
2つが同一のように見えて合成のような感じを与えますが、よく見ると2つはちょっとちがいますね。もちろん「合成」ではないと思います。でもおもしろいですね、こういう全く同一のような建物が実際に並んでいるんでしょうね。^^
最後の写真はちょっと色が見えますが、これもモノクロですか?
(わがブログへの励ましコメント、感謝です。さむらいさんも、気をよくしていろいろ書いてくれると思います。^^)
ニシパhigeさん・おばんでした
ズリ山はモノクロが似合います。
この辺りは10頭ほどの鹿さんグループの縄張り、
よく遭遇しますが・・警戒心は強く近づけません。
時々はトライアルの駐車場を越えてコールマイン裏で遊んでいます。

ここは私の大好きなロケ、ハクサンチドリが咲く丘??です。
No title
EGUTIさん おばんです。

ズリ山・・・なかなか絵になるでしょう・・・。

北海道は炭鉱が多い所為もあるんですが、映画の題材にも良くなりましたね・・・明治以降の日本を支えてきた産業も今は、釧路にあるコールマイン只一社のみです・・・。
No title
ゆずおばさん おばんです。

炭鉱町の殆どが、過疎・・・・ここ釧路も段々人が少なくなりました・・・・・それでも道内の炭鉱町から比べれば、まだまだいい方です・・・。

氷、綺麗でしょう・・・今回は白黒に変換してみました・・・。
No title
boumamaさん おばんです。

本当は一枚目のカーブの終り辺りを人が歩いていてくれたらと・・・・。笑)

中々絵になる場所ですよ・・・・人一人、キツネ一匹いるだけでも違います・・・。
No title
天安さん おばんです。

二枚目の建物と四枚目の右の建物が、同一の建物です・・・合成写真をつくれるような腕も脳味噌もありませんねん・・・・。笑)。

氷は白黒に変換してあります。

No title
よきちのひろさん おばんです。

先日、丘の中ほど、日当たりのいい場所で一歳雄子を中に九頭がのんびり昼寝してました・・・その他、六頭の雄成獣グループもいるようです・・・。

ハクサンチドリ・・・何時までも咲いてておくれよ・・・ですね・・・。
No title
この画像僕は白、黒、写真といいます。
早朝の霜か雪か解りませんがきれいですね。
この様な写し方も懐かしい。僕のカメラは総天然色?(笑)で写ります。
No title
阿他の海さん おばんです。

そうです・・・変な叔父さんです・・・じゃなくて白黒写真です・・・。笑)
モノトーン
薄い氷が 余計に寒さを感じます。
石炭 炭坑 九州にも。
香春岳はセメントの山ですが ある日気づいたら
てっぺんが平らになっていた衝撃は わすれません。
No title
ひげさん  お早うございます
2枚目と3枚目に犬を連れた叔父さんが小さく小さく見えますよ。
モノト―ンの表現する深みを強く感じます。
No title
土手の草わらが見えますね、こちはどこも雪です。
街路樹のナナカマドの実を、ツグミ・アトリの群れがつついている・・・車を止めるところがない(涙)
No title
小紋さん おはようございます。

産業というものの、裏側は、人に見えないところで早く大きくなっていきますね・・・そしてある日突然に・・・・。笑)
No title
相子さん おはようございます。

実は、このワンコも叔父さんも顔見知り・・・犬の散歩で良く一緒になります・・・ここまで歩いてきていたとは・・・・・。笑)
No title
わたあめさん おはようございます。

ここまで雪が無いのは60年ぶりとか・・・札幌圏の降雪・・・雪掻き・・・苦労が偲ばれますが・・・・・・腰をいためぬように頑張ってください・・・。

昨日、の付けに行って来ましたが、帰り際暗くなりかけで漸くコミミズクが、キツネとのツーショットでしたが・・・残念無念でした・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。