カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

早朝の川を流れて

日の出の頃の川くだり・・・あまりの寒さに越冬翡翠も動きが鈍い・・・。

角度の低い陽の光を受けた木々の枝先や葦は、白銀の色に輝く・・・。

流れ出しの水面の水は紙よりも薄い氷となり、川の流れに乗り流れていく・・・余りに薄い氷は、やがて消えるか、岸辺の氷の一張りとなるのだろう・・・。

静かに水面を行き来するパドルのシャフトは、飛沫がかかれば、あっという間に凍りつく・・・さすがに素手では握れない・・・うっかり濡れてしまったパドルを素手で掴もうものならパドルは、手と一体になる・・・。笑)

アレキナイの右岸にそびえるヤチダモの樹上には、オジロワシが川面をにらみ魚の浮上を待っている・・・。

ユラリユラリとアレキナイ川を流れたカヌーは、三十分ほどで釧路川の本流へと出る、対岸の岸辺の流れに頭をもたげる古いい橋脚跡には大きな大きなシャンデリア状の氷の塊が出来ている・・・・大きなものでは直径が1mを超えるものもある・・・少し雪を被っていて本来の氷の美しさが損なわれているが、ここまでの大きい物は数少ない。

そろそろ足先が痛くなってきた・・・靴下は二枚重ねだが・・・長靴の中で指先を摺り合わせる、いくらか気休めにはなっているかな・・・・・・。笑)




canoe_convert_20140123075837.jpg



 wy_convert_20140123080144.jpg



 muhyou_convert_20140123080016.jpg



 pin_convert_20140123080253.jpg



この後、根室、野付に向け車を走らせる・・・そちらは、後ほど・・・。





 



comments(21)|trackback(0)|朝焼け|2014-01-23_08:03|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
寒い中こんな素晴らしい写真をありがとうございます。暖かい部屋の中で見てます(笑

カラスが増えて・増えて 何か考えねばと思ってるんですがいい手が無いんですよ
鷹でも飛んでれば減るかなとか思ってるんですがそんないい具合に猛禽類もいないしな
フクロウを見ないもカラスが増えたせいかなとか考えたり もうカラス憎けりゃなんでもカラスのせいになっちゃいますよ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
パドルのシャフトをぐぐったら、カヌー用語って出てました。そうか、カワガラスさんはカヌーをやるんだった。でも、こんな寒い日にもカヌーをやられるのかな?1枚目の写真は「大きな大きなシャンデリア状の氷の塊」ですか。
逆光のせいで質感がいまいちですが、氷だったんですね。1mにもなりますか。すごいですね。やっぱ北海道はちがうべ。
No title
EGUTIさん おばんです。

人の世も同じです・・・食い物のあるところに生き物はおります・・・。

No title
鍵コメさん おばんです。

ええ子らです・・・。笑)

お前様もそうだよ・・・・!!。笑)
No title
天安さん おばんです。

一枚目は、ゲストさんの背中です・・・素敵なお嬢さんです・・・けっしてシャンデリアなんかじゃありません・・・。笑)
No title
名前がひげこになっちまった・・・きんぎょさん 笑ってやっておくんなさい・・・。笑)
No title
越冬カワセミというのもいるのですか。年中同じ場所ということですよね。
自然の美に囲まれて、ひげさん幸せそうですね。
最後のお写真に心惹かれます。
No title
ゆずおばさん おばんです。

カワセミは、普通、冬になるといなくなると考えられていましたが、最近、越冬する個体が多いような気がしています。

昨日も重複するかもしれませんが7回ほど見かけました・・・二羽で飛んでいたのもいるので、3個体はいるものと思われます・・・。
No title
うわ~、薄いとはいえ氷の川を漕いでいくなんて、怖そう・・・。
オジロワシ、まさかおっちゃんを狙ったなんてことはないわよね(笑)
足先が冷たくなっちゃうくらいの寒さの中・・・でも楽しかった?
No title
りょうこさん おばんです。

ゲストは妙齢の女性二名様・・・なかなかの・・・でした・・・。

オジロワシ・・・この子は多分雌・・・・・・。

内地の人は、上は重装備でも靴が・・・冬用の靴(底の厚い滑らない)を用意された方が良いですよ・・・。

(^、、、^)
こんばんは。

久しぶりにコメ(^^ゞ

タイトルの顔文字を忘れてしまって(苦笑。。。

ひげさんのポエムに酔い、
4枚目の写真ですっかり酩酊してます(笑

留守中、何度も立ち寄っていただき、
恐縮しております(^_^;)
No title
NANTEI師匠 おばんです。

いえいえ留守中のお宅を覗き込むのは、しつれいかなと思いつつ・・・・行かずに折れません・・コメント一号を目指し・・・。笑)

No title
今晩は
やっぱりオジロワシは、このぐらいの大きさで見たいです
最後の写真も素敵ですね
No title
ひげさん お仕事大変ですね。
そのお陰で素敵な写真、いや風景を見せて頂けるのですね。
最後の水面 もや~と空気が動いているようで、とてもも魅力的です。
No title
極寒の川下りもゲストが若い女性なら
頑張っちゃいますね。
オオワジロ、可愛い顔なんですね。
モノクロってシンプルでいいな。
ガンジス川のほとりでみてます。
ゴメもいます。
川や空は一緒ですね。
No title
チャンコナベさん おはようございます。

このオジロは、カヌーになれている個体なので、驚かさない限り、逃げたりすることは、まずありません・・・ただし、抱卵中は、気をつけねばいけません。
No title
相子さん おはようございます。

寒さは美なり・・・です・・・。笑)
No title
蘭子さん おはようございます。

いいえ、気を使いすぎて・・・疲れちゃいます・・・。笑)

正面から見れば可愛い・・・。
No title
ririさん おはようございます。

ガンジスの畔から、コメントありがとうございます。

お腹壊さないようにしてくださいね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。