カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

阿寒

いない・・・猛禽の数が、極端に少ない・・・・

まるで低気圧の墓場ベーリング海になってしまったかのように・・・・・・・毎日荒れる天候の所為か・・・・・・はたまた、端に餌が無いだけか・・・・・・


先月調査時の五分の一以下・・・・・



写真は阿寒横断道路から見た・・・雄阿寒、雌阿寒、ペンケトー・・・・



 btt_convert_20150119201941.jpg



 bpenk_convert_20150119201717.jpg

comments(13)|trackback(0)|未分類|2015-01-19_20:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
了解・・・!!。
No title
まるでアラスカみたいな風景・・・。
悪天候のせいで、餌を探せないのかしら?少し可哀想。
おっちゃんも、こんな時に出歩いちゃ危ないわよ~。
日本ですか?
ひげさん、こんばんは!
こちらの方は低地でも猛禽が勢力を
伸ばしていますよ?
こんな所と驚く所にオオタカやツミの巣が
たくさんあります。
今年のシーズンは渡りがたくさん見れるでしょう?
No title
ひげさん 今晩は
え~っ
猛禽の数が少ないんですか!
どうしたんでしょう?
No title
りょうこさん おはようございます。

月一回、角逐ごとにカウントしています・・・おらは、茅沼地区から弟子屈まで釧路川沿いを中心に調べます・・・。

先月から見るとぐっと減っています。

思うに鹿猟への依存度が高くなっているのかもしれません。
No title
ひげ爺さん おはようございます。

オオタカの繁殖は三月初旬からになりますか・・・?・・・こちらでも見かけますが数は少ないです・・・多分オジロのほうが多いかも・・・・。
No title
チャンコナベさん おはようございます。

タイミング的なこともあるかもしれませんが、餌環境に左右されますので、調査範囲外での採餌がおおくなっていると思います。
No title
おはようございます。
画面から冷風が来そうです。
針葉樹に軽く雪が積もってるのでなくて、
氷になって張りついちゃうのですね。

この様な風景を拝見出来て、有りがたいです。
熱が上がりそう、、(*_*)

家禽鳥インフル、よもや、
渡鳥を捕食してとかはないのですか?
フランスの鴨は料理に登って、
北海道の鴨は出さないと言う
レストランがあったように思いました。

検体が無ければ解りませんしね。
あまり無理なさらないで、
天候のいい時になさってくださいね。

(^、、、^)
こんにちは。

闇鍋の中から出て来たナンテイです!(笑

真冬の阿寒は、こんな風景になるのですね!
モノクロかと良く見たら、カラーでした(^_^;)

北海道は、ともかく凄い@@
No title
hippoponさん おばんです。

今回の数的なものは、そんなに心配は、内とは思いますが・・・ありえないことではありません。

今年も又、鳥インフルが発生しましたが、最近の鳥インフルに関しては、何か腑に落ちない物を感じます・・・・以前、大阪で発生したときのこと覚えていますか・・・?・・・あれ以来、鳥インフルに関しては疑問符がついています。笑)
No title
NANTEI師匠 おばんです。

今の日本・・・まるで・・・闇鍋・・・いったい何が出てくるものか・・・?・・・そんな楽しい物じゃない・・・・そうでした・・・・。笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。