カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

覗き

覗きパート2を試みようと、朝7時過ぎに家を出た・・・・・・狙いは、丹頂の抱卵の様子だ・・・今日は、時間がたっぷりあるので、半日、粘って見る積りだった・・・・その前にオジロの様子を見に・・・・相変わらず・・・巣はからだった・・・一回は入ったはずなのだが・・・・・・なんとなんとどこもオジロが抱卵に入っていないのだ・・・・七箇所も・・・・・例年ならば、もう抱卵に入っていなければならない時季・・・・・・・今日は凡そ250キロほど走ったが、オジロワシの姿を一度も見なかった・・・・ある巣などは、営巣木そのものを見つけられなかった・・・多分、一昨日の北東の風で折れてしまったのかもしれない。

しかし・・・この時季で抱卵がまだということの原因はなんだろう・・・雪と風の所為・・・・それしか考えられないが・・・・・。


肝心の丹頂も・・・巣を放棄していた・・・・卵も最早なかった・・・確かに水嵩は増えてはいたが、抱卵していた場所まで水は届いていない・・・・なんだなんだぁ・・・・一昨日夜の雨嵐の所為か・・・・・・。

今年の春は厳しい・・・・

載せられる写真が無いので、アオサギのコロニーを・・・・・



15+04+17_8462ne_convert_20150417234105.jpg



15+04+17_8464b_convert_20150417234221.jpg





 
comments(10)|trackback(0)|未分類|2015-04-17_23:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

自然
厳しいですね  4月になっても 荒れる天気です。
次世代の危機 雪が降らなくても 降りすぎても
差支える。粛々と 頭をたれなければならない しぜんですね。
No title
小紋さん おはようございます。

一週間ほども抱いてていたでしょうか・・・?。

抱卵交代の様子も片割れが、それほど熱心でなかったような・・・以前の観察では、それはそれは死に物狂いのような巣の補修を見ました・・・最後は疲れ果て動けなくなるまでの・・・・・。

ひげさん
おはようございます!
無駄足を踏ませてしまいましたね・・?よく走ったね~
それにしても地球危機の予兆かな・・(ちょっとオーバー?)
こちらも4月に入っても雪は降るし、晴れ間は4日間とか
それに気温の高低差がありすぎますよ!・・爺にはキツイ!
もう少し若ければコロニーに住みたい!(変態爺)
No title
ひげ爺さん おはようございます。

残念でした・・・コロニーといっても一夫多妻じゃございません・・・。笑)

異常というか・・・ワシの餌としては基礎になる鮭の遡上にも変化が・・・少ない・・少なすぎる・・・・・・何が悪いものか色々想像します・・・。
No title
どうしたんでしょう?
丹頂もオジロもって、鳥社会によほど何か悪いことがおきているの?
そうだとしたら大問題かも。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
raraさん こんにちは・・・。

天候の所為だと思いたい・・・。

北海道沖で低気圧が全員集合なんて・・・いったい何回あったやら・・・魚も鳥もみんな?マークで生きている・・・。笑)
No title
鍵コメさん こんにちは・・・

はい、そうしていく積りでおります・・・美しいばかりが自然じゃない・・・のですから・・・。
No title
昨日はイヌワシを見ました。2羽。
上野動物園、不忍池。
やっぱりいました.
檻ナシです。

巣は一つなら見つけたことあるけれど、、こんなにたくさん。
時期が来ると賑やかなんでしょうね。
No title
hippoponさん おばんです。

賑やかですよ・・・これだけの巣の雛が孵るとその越えはまるで機械の騒音のよう・・・・。笑)

アオサギの鳴き声を聞くと、彼らの祖先は恐竜だというのが納得できますね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。