カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

何時・・・夜・・・・昼・・・・・

時計を見ると、五時過ぎだ・・・朝なのか夕方なのかが、解らない・・・・それ程、眠りが深かったようだ・・・・。

疲れました・・・。笑)

普段、あれだけ歩いていても、この様・・・寝る前は両太腿の裏が・・・つりました・・・・。笑))))

昨日、向かった先は、某岬・・・ユキワリコザクラを写しに行きました・・・今まで見たことも無いぐらいの豊作?・・・・・大群落を形成しています・・・。

今回は、体力試しの積もりで、崖下に下りてみました・・・こりゃいかん・・・要注意です・・・落ちたら笑い話にもなりません・・・はて携帯は、通じるのだろうか・・・そんな不安も・・・。笑)


降りた先で、信じられないものを発見・・・オオワシ成鳥だ・・・・・とっくの昔に渡っていなければならないはずなのに・・・そばまで行ってみようと思ったが、胴付きの長靴でもなければいけそうもない・・・・様子を見ていると、飛べないのだ・・・せいぜい5mがいいところ・・・それでも人間から遠ざかろうと、よたよたと逃げる・・150mぐらいはなれた崖下の陰に隠れた・・・そこから先へは、汐が込んでいていけない、崖の奥も深くはないので、そこからは動けないだろうと判断して、環境省に電話をいれる・・・・人をよこしてくれるそうだ・・・ここで待っていようかと思ったが、多分、ここへ降りてくる道もわからないだろうし、何よりも寒くなってきた・・・気温は十度、なにせここまで来るのに汗びっしょり・・・おまけに風もある・・・・・・相手も動けない場所だという安心感もあって、ここは、車まで一旦撤退してレンジャーの来るのを待つことにした・・・くだりは良かったが、崖を上がるのは、しんどい・・・・・・カメラの分だけでも重い・・他にレンズ二本・・・。

三四十分も待っただろうか・・・捕獲用道具を持ち、レンジャー到着・・・おおむねを説明し現地に向かう・・・・・・・・・又、崖を降りる・・・・ワシのいたところに向かうが、ゴロタ石の浜には、打ちあげられた昆布が堆積していて、足元が滑る・・・何度脚を取られただろう・・・。

ワシが、居たはずの崖を回りこむと、そこに居るはずのオオワシの姿が無い・・・・・・探す範囲を広げる・・・場所を移動して崖の中腹まで上がってみるが、痕跡もない・・・いったいどこへ・・・・???・・・急斜面だと思っていた崖の奥は、他の崖斜面よりも、幾分傾斜が緩やかだが・・・胴付き長靴で上れるような場所ではない・・・・・。

この時季に居るはずも無い(三月下旬から四月上旬には渡って行く)オオワシ成鳥が居るということは、体力がなくなっているか、羽根を怪我して飛べないということだ・・・ここの狭い範囲の浜で生きていたということだと思う・・・漂着物や鹿の死骸を餌にしていた筈だ・・・。

う~ん・・・いったいどこへ行ったのやら・・・・・・・。



 15+05+15_9330oe_convert_20150516071817.jpg



          15+05+15_9328tw_convert_20150516071631.jpg



          15+05+15_9357f_convert_20150516071514.jpg



上二枚は、オオサクラソウとオオバナノエンレイソウです・・・下一枚が、ユキワリコザクラ・・・割と荒地に咲きます・・・・。





 
comments(26)|trackback(0)|未分類|2015-05-16_07:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
サクラソウかと思ったら、ユキワリザクラでしたか・・・勉強になります。
エンレイソウとのコラボ、美しいですね。
No title
わたあめさん おはようございます。

ユキワリかレブンかの判断はおらにはつきません・・以前はレブンっぽいなと思っていたのですが・・・ここはオーソドックス?に・・・。

ユキワリのここまでの群落は、ここ何年か記憶がありません・・オオサクラソウとエンレイソウのコラボもまだまだ見れます・・・来週にでもいらっしゃいませんか・・・。
おはようございます。
オオワシ心配ですね。
ちょっと休んで飛べたのかな。

オオバナノエンレイソウ…。
この時季たくさん咲いてますね。
アメフリボタン?と言ってますが
遠足の日に雨が降ると誰かが摘んだな…と
話していた頃を想い出します。
No title
なつさん おはようございます。

気軽に行ける場所で無いのでね・・・二回往復したら、今日はへとへとです・・・。笑)

ハクサンチドリは、漸く葉が開いたぐらいかな・・・オオサクラソウ、ユキワリ共に今年は素晴らしい開花です・・・。
お疲れさま。
こんにちは。『野の花日記』のマリコです。

オオサクラソウとオオバナノエンレイソウに見とれてしまいました。冷たい空気まで伝わってきます。

最後の一枚、ユキワリコザクラこんな絶壁で咲くんですね。…2度の往復、よくご無事で。お疲れさまでした。
優しい方ですね。環境省へ連絡して一緒にオオワシを探すなんて。

たぶん怪我をしているオオワシはどこへ行ってしまったのでしょう。生き延びられますように。
No title
マリコさん こんにちは・・・。

本当のことを言います・・・。笑)

この手でオオワシを捕まえてみたかったんです・・・笑)・・・翼長2.4mにもなるワシを捕まえる、それも合法的に・・・こんなチャンスはありませんから・・・それに捕獲の様子も知りたかったというのもあります。
嘴は、するどく大きいですが、それ程痛くは無いそうです・・・問題は爪・・・下手すりゃ骨まで届きます・・・自分なりに色々考えて臨みましたが、残念でした・・・。笑)

オオサクラソウとオオバナノエンレイソウは、比較的湿り気を好みます・・・木陰や沢筋で良く見られます・・・ユキワリコザクラは、高山植物ですから、こちらでは、気温の低い初夏の花になります・・・陽射しの当たる乾いた土地を好みます。
No title
ひげさん、こんばんは。
可愛い花ですね。あたり一面の花園に、飛べないオオワシ…。
しかし、あんまり危険な場所へは行かれないほうがよろしいですよ。
いきなりの強風にあおられては大変です。
ひげさんは風景というイメージでしたが、カバーされる範囲が広いですね。
No title
greenさん こんにちは・・・。

冬は風景一辺倒なんですが、夏場はね・・・・その気になれません・・・。笑》其の分、花やら虫やらマクロの出番が多くなりますね・・・。

身体を動かしていれば幸せなんです・・・。笑)))))

今日は,さすがに疲れ気味・・・家出だらだらしています・・・もう少ししたら歩きに出かけます・・・。笑)
ひげさん
こんばんは!
バーダーの端くれとしては
オオワシのその後が心配でならぬ・・・でござる。
ひげさんとレンジャーの方たちにサンキューです。
お花
和琴を2時間30分かけて堪能しました。
フデリンドウが右側いっぱいでした。

サクラソウは、阿寒のボッケの山が綺麗でした。

では、明日達古武で。
ブランケット、お願いします。
No title
ひげ爺さん こんにちは・・・。

残念な結果になりましたが、環境省で、その後、どうしたか・・聞いておきます。

保護される猛禽は、多いい時で年間、五十羽にもなるそうです・・・。
No title
AKIRAさん こんにちは・・・。

心配事が一つ・・・・風が半端無い・・・。

明日は、明日の風が吹くということで・・・。
ニシパhigeさん・おばんでした
オオサクラソウの掌状の葉っぱに魅せられます。
今年のムサの森、エンレイソウは例年にも増して見事です。
うれしい春・・・ルンルンです。
No title
今晩は ひげさん
オオサクラソウとオオバナノエンレイソウ
そして、ユキワリコザクラ 素敵ですね
(●^o^●)
No title
よきちのひろさん おばんです。

そうか武佐の森も行かねば・・・・・明日は、早起きでゴロスケホゥホの元へ・・・・・。笑)))
No title
はい、チャンコナベさん おばんです。

どの子もめんこいでしょ・・・。笑)
おはようございます
今、全天に星はなく。。。

風は無いので、昇陽の準備を期待して?始めます。
まぁ、干魚を食べるエゾリスと遊びます。

9時ごろまでに一度電話入れますね。
No title
太字]太字の文[/太字
冒険は、後にシートン動物記みたいに
ひげさんの動物記みたいに物語になるといいのに。
保護できたらいいですが、、

私は、日比谷から日本橋までゆっくりあるいて、
グッタリ眠りました。
体の疲れでの眠りは深いですね。
それまでの頭の痛みはなくなりました。



(^、、、^)
こんにちは。

そろそろトライアスロンに挑戦してみてはいかがでしょう^^

最後の崖の花。
ナンテイはこの傾斜見ただけでぶるぶるぶる・・・(笑
No title
AKIRAさん お疲れ様でした・・・!!。
No title
hippoponさん おばんです。

今日は、猛禽類保護センターの斉藤先生が一人で現地にお出でになっていましたが・・・残念ながらおらは、ガイド中で、詳しいことは、わかりませんでした・・・見つかればいいのですが・・・。
No title
NANTEI師匠 おばんです。

年寄りをそんなに煽ったらいけません・・・直ぐその気になります・・・・・。笑)
折角
危ない思いをして 再度降りたのに どこに逃げたのでしょうか。
保護されるといいですね。
心配ですね。 主治医が 自転車やってて 凄いスリムです。
一時は トライアスロンも。
無理せず 挑戦してください。
No title
小紋さん こんにちは・・・。

まだまだ程遠い・・・体型に体重・・・せめて60キロ台に載らねば・・・夢の夢です・・・。笑)
No title
危険を冒して写した力作 みごとです! すんばらしい!
No title
ぽぽんたさん おばんです。

ありがとう・・・すなおに・・・。笑)))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。