カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

屁のよな・・・・・

間違っている・・・この国のやろうとしていることは・・・・・・

そうは思っていても、そんなおらの想いなど屁よりも軽く・・・へと突き進んでいく・・・・・・

気がつけば、知り合いの誰かが、引鉄に指をかけている・・・・・・・

照準の先にいるのは・・・射的の的でも鹿でも熊でもない・・・人だ・・・・・・・・・・・

照準の中の人が崩れ落ちる時・・・・人は・・・・・・・何を想うのだろうか・・・・・・・・・達成感か後悔か・・・・・・・・・

おらなら・・・多分、気がふれていくだろう・・・・・・・・・



 15+06+08_9894kynm_convert_20150613044310.jpg



 15+06+08_9893kj_convert_20150613044358.jpg




comments(19)|trackback(0)|未分類|2015-06-13_04:48|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ひげさん
おはようございます!
この国の党首は、今進んでいる方向を本当に理解しているのだろうか?
何でもかんでも、多勢に無勢で強硬する姿勢も糸を引いているし・・
我々が預けていた年金も、流出問題で保証しないとの大臣発言は、何だ!
直ぐに発言撤回したものの、すべての行動が国が年金を皆様に差し上げているかのようだ。
何を言ってるんだい・・我々が預けた金を返してもらっているだけなのに・・
私はそんなに生い先がないのだが・・・子供や孫たちの将来・・・泣けるね~
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
(>_<)
ISISの戦闘員はアッラーの為に人を殺める。
殺めれば殺めるほどアッラーに祝福される。
もっと崇高なのは自爆!
信じるものは怖い・・・

そして大量の兵器は、ナイフからミサイルまで、
人の血を欲しがって止まないのです。

貧困を無くすこと。差別を無くすこと。
そうすれば彼らを利用する狂信者も居なくなります。

自衛隊はまごうことなき殺戮集団です。
その訓練は旧軍隊と遜色がありません。

是非、浅田次郎の《歩兵の本分》を読んでくださいね^^
自衛隊員の日常が不気味なほど迫ってきます。
No title
軽すぎる神輿に意志をもたせたらこんなもの。
しかし、日本が日本である為には、戦うことを恐れてはならない。
夏華と
頭上を無断で通過しました。

カカと夏の花を求め北上します。
No title
ひげ爺さん おばんです。

まさに無責任なやからども・・・・・・・・・・・。

あのしらっとしたツラを見ていたら・・・・・・
 

末端は、ケツの毛まで抜かれる・・・こまったもんですね・・・・・・。
No title
鍵コメさん おばんです。

鳥インフルエンザにMARS・・・・・これらもその手段の一つ・・・そう思っていますが・・・。笑)
No title
NANTEI師匠 おばんです。

さっそく・・・・!!。
No title
raraさん おばんです。

軽すぎでっしゃろ・・・・・・・・。笑)

劣等感の固まりなんだろうね・・・おらもそうだから良くわかる・・・。笑)

国は無くなるかもしれないが、魂とか意識は、残る・・・。
No title
AKIRAさん おばんです。

シマアオジ・・・・・?!。笑)
No title
今晩は
政治家は、ウソをついて、言葉の焦点を見事にずらして
立派な政治家になるんです
ひげさんは、無理です
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
チャンコナベさん おはようございます。

人は、それぞれが立つ舞台からしかセリフを言えません・・・せめて誰もが見えるような舞台を作ってもらいたいもの・・あれでは・・・・・。笑)
No title
鍵コメさん おはようございます。

おらのようなど素人でもね・・・・。笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
鍵コメさん おばんです。

こちらこそ宜しくお願いいたします・・・。

そうです・・あのひげです・・・。
No title
韓国の若い友人が、家族を守るために僕らは、有事の時には戦うと言っていました。彼らは徴兵訓練をしていてとてもつらくて訓練中に自殺者も出る話もしていました。
国を取り巻く世界の状況について話す若者が日本では少なくて平和ボケですから、自衛隊が軍隊ではないけれども海外派遣ですと言われたら、はいと言って行くかもしれません。
戦争を経験した人もいなくなって記憶が忘れられて、こういうひげさんがゆっておられることのようにならないことをほんま願います。
No title
ririさん おばんです。

あのた蛸助どもに踊らされたくない・・・・・・それが本音です・・・。

No title
鍵コメさん おばんです。

念には念を入れて・・・完全削除しておきますから・・・・。笑))))))))

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。