カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

初冬の別寒辺牛川を行く

9月のシルバーウィークから伸び伸びになっていた別寒辺牛川くだり・・・ようやく実現です。

見上げる空には雲ひとつ無く・・・風も殆どありません・・・この時季としては最高の川下り日和です。
川下りというと普通上流から下流を目指すのですが、今回は途中からエントリーして上流に向かい1時間半程漕ぎ上ります・・・きつくないかって・・・・いいえ、此処は標高が海と殆ど変わらないので漕ぎあがりも全然苦になりません。 kumo222_convert_20091123231757.jpg
そこから厚岸湾を目指します・・・河口まで下ったら左から流れ込むチライカリベツベツ川に向かいます・・・湾内というかチライカリベツ川の両岸は氷が張り中央部しか航行できません。砕氷船よろしくチャレンジしてみましたが。カヌー一艇分ぐらいは、割れるのですが、それ上は進めません・・・結構厚みがあるようです。
岸辺のハンノキ林まで白いシーツを被せたように氷が張り、満潮時冷え込んだことがわかります。

                           bb4_convert_20091123232120.jpg

進むにつれ水路の幅が狭くなり氷の板が頻繁に流れてきます。
50m先では水路は完全に凍りついています。
西風が幾分、強くなってきたようです・・・帰りはチライカリベツを西に向かい合流部から、又漕ぎあがらなければなりません・・・少し時間に余裕を持って帰る事にします。

さすがに半日川の上にいると身体もひえこんできます・・・がっちり着込んできて正解です。暖かいコーヒーが身体を温めてくれます・・・4時間半のクルージング・・・川上りと川下りの両方をしっかり楽しみました・・・同じ川でも上りと下りでは全然雰囲気が違います・・・一本でWの楽しみでした。笑)

                      帰りに見た夕焼け前の尻羽岬です。

                             srp_convert_20091123232407.jpg


comments(14)|trackback(0)|カヌー|2009-11-23_23:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

空気の透明感が・・・
ひげさん こんばんは~♪

空も川も空気も澄み切って・・・i-228
黄金色の「夕焼け前の尻羽岬」・・・i-228
贅沢な一日を過ごされましたね^^
きつつきさん おはようございます。

最近の釧路地方は雨や雪や晴れ間が交互にやってきます・・・雨雪は空気中のゴミを取り払い綺麗な空を残してくれます・・・この空は最高の天からの贈り物だったのでしょう・・・記憶に無いほど素晴らしい空でした。
ふふふ
 しらしんけん 遊んでいるひげさんの顔が みえますわ。
小紋さん おばんです。

しらしんけん・・・???遊びになるとそうかもしれませんが・・・・笑)
小紋さん 今回は一応お仕事です・・・。笑)
おばんです。
こちらも氷点下ですが、川に凍りは張りません。
でも、小春日和の素敵な日だったようですね。
写真から暖かな日差しを感じます。
オコジョさん おばんです。

厚岸湖内の沿岸は結構な範囲が凍り始めてきました・・・このまま氷が厚くなっていけばいいのですが・・・今日の暖かさで融けてしまったかもしれませんね。
今日の暖かさで冬眠に入っていた蛙が出てきたのか・・・凍った池の上で匍匐前進をしていましたが・・・凍えてしまわないのでしょうか・・・・。笑)
ひげさん おばんです

空の読める、ひげさんの撮った空はやはり最高です^^
雪雲も光も染まる色も・・・
寒くてもこの空色も
やはり、太平洋側と思ってしまいます^^
釧路は広いな~^^
こんにちは
 ひげさん、こんにちは。

 ここが日本なのですね。
 スケール感、自然あふれる感(?)に驚きます。

 厚岸湾…厚岸は牡蠣が有名ですね(関係あるのでしょうか?)。
 一度味わってみたいのが厚岸の牡蠣です。
ひげ様、お晩です。
キャハハ・・・後姿のヒト、全然漕いでな~い!
船頭様(船主様の方がよろしいかな?)、ご苦労様でございました。
本当に贅沢三昧、お腹いっぱいになりました。
それはすみません
 本当に真剣になる・・・大分弁で しらが つきます。
 大分の言葉も 独特です。
ノエルさん おはようございます。

この時間帯になってくると家に中にいても冷え込んでくるのがわかりますこのところというより毎日のように青空が続く太平洋側・・・というより釧路です。もすこし広がりのある写真が撮れるようになれたらと・・・・。
NOBUさん おはようございます

そうです・・厚岸は此処です・・・この川は厚岸に注ぐ一番大きな川で幻の魚イトウ釣りでも有名な河川です。
牡蠣はもちろんですね。笑)
orangeさん おはようございます。

此処では漕ぐ必要もないかと・・・・。笑)

楽しんでいただけた・・・こその言葉だけで、こんなに嬉しいことはございません・・・。笑)
小紋さん おはようございます。
しらしんけん・・・きりっと身がひきしまりそうになる言葉ですね・・・我が田舎では、一生懸命という意味で・・・いっぺこっぺという言葉がありますが・・・こちらは、ちょっと滑稽というか・・・。笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。