カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

拾い昆布漁

荒れる波打ち際・・・・よく見ていると波が崩れる少し手前の微妙な位置でおこなわれています。

でも怖いですよね・・・。


                   kooo_convert_20101130054151.jpg



                    baa_convert_20101130054314.jpg
comments(34)|trackback(0)||2010-11-30_05:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
おはようございます。
海が荒れて打ち寄せられる、この時期ならではの光景でしょうか。
危険との背中合わせ、我々はおかげさまで美味しい昆布をいただいております。
感謝ですね。どうかお風邪など召されぬよう・・・
No title
うっ・・・人の強さとか知恵を感じますが、自分では絶対近ずかないかも。
この波につれていかれたらと思うと。あ~ダメ。
No title
こんにちわ。
凄い迫力ですね!初めて見ました~
皆さん足腰は鍛えあがっているんでしょうね。
こんにちは
泳げない私は見ただけで震え上がります。
でも、慣れているのでしょうね。
でも、ちょっと間違えれば・・・

でも、この大きな浪が昆布を運んできてくれるのですね。

生活の糧
日高のほうではこのような光景を見かけるのだと聞いたことがありますが、実際目にすると見ただけでも怖~い。

生活の糧と言えども決死の覚悟くらいとも思えるのですが、これが慣れっこになるとそれが一番怖~いことですね。
こんにちは
昆布漁
厳しい自然相手なんですね。頭を下げたくなります。

昆布漁もすごいですが、写真もすごい!
言葉がでてきません。
ありがとうございました。
やるな~
拾ってるのは漁師さん、それとも素人?
皆さん「生活の糧」と申されてますから漁師さんでしょうね?

九州では早春の荒れた翌日にワカメ拾いは見かけますがスケールが違います。
生活の糧ではなく殆ど遊びで、拾った物はご近所に配っています。
かなりお年を召した方も。。。
こんばんは。
美しい風景ですが、中にはかなりお年を召した女性も居られるようで。。。脱帽です。打ち寄せる波も退く波も半端なエネルギーではないので、とても真似できないです!
No title
あーちゃん おばんです。

本昆布漁は、夏場、船を使って行います・・・。

漁期外れのこの時季、波に打ち寄せられる昆布を拾います・・・量的にはたいしたことは無いのでしょうが・・生活の糧ですね。
No title
りょうこさん おばんです。

位置を見ていると、ギリギリのところにおられます・・引き波ではない押してくる波を利用しての作業のようですね・・・波が折れるぎりぎり手前側・・・ここが限界でしょう。
No title
marvericuさん おばんです。

昨日だから見れた迫力の場面かもしれません・・・まさに命がけですよね・・・。

よく見てください・・・女性・・・それも可也の高齢と思われる方が二人ほどいらっしゃいます。
No title
オコジョさん おばんです。

一昨日の大時化が、沢山の昆布を運んできてくれているのでしょうな・・・確かに怖いですね・・・実際波打ち際に立てば、まだまだ迫力があるんでしょうが・・・臆病なおっちゃんは500ミリの望遠での参加です・・・。笑)
No title
boumamaさん おばんです。

実際、事故死した方は、いらっしゃいます・・・。

ロープの先に鉤をつけ、それを沖まで投げて引っ張る方法もあります。

これは度胸がいりますよね・・・。

おっちゃんも小僧のうちでしたら、やりたかったかも・・・。
No title
水無月さん おばんです。

漁師という仕事が一番きついし、命がけかもしれませんね・・・。

写真は、そこに居ただけ・・・シャッターを押しただけ・・・。笑)



No title
九さん おばんです。

皆さん漁師さんですよ・・小さな漁村です・・・港も無い場所です。

沢沿いや崖下の僅かな土地に家が建っています・・・何軒あったでしょうか・・・?。

九州では冬になるとアオサ採りにいきませんか・・・?・・・澄し汁にすると美味しいですよね。

No title
yokoさん おばんです。

さすが良くみていらっしゃいますね・・・女性がお二人いらっしゃるようです・・・おひとりはかなり高齢かと思われます・・・直ぐ傍で漁をされている方が息子さんのようです・・・彼が採った昆布を貰って・・・息子さんは採り方専門のようです・・・こんな所にも家族というものが見え暖かい気持ちになりますね。
息子さんの所に
こんばんは。
年老いたお母さんと息子が分担して昆布を穫る~息子さんもかなりのお年と思いますが、お嫁さんは居られるのでしょうか?!
もしお嫁さん貰えてなかったら、それは寂しい気分になってしまいそうですが。。。日本の農村、漁村、何とかしないと。もっと大切にしないといけませんよね。
今は食べ物が何もしないでもお金さえあれば手に入るので、地に脚がついていない生活や考え方になって偏り過ぎです。今の日本の政治がその最たる物ですよね。。。
No title
yokoさん おばんです。

北海道の漁村・・・特に道東は結構、豊かと思います。
農家と比べ割と時間もあるようです・・・行きつけの牡蠣漁のお宅も可愛い孫二人・・・・まぁまぁ大人と一緒にいるものですから口の達者な事・・・。笑)
No title
凄い景色だよねー。この波のエネルギーは半端じゃない。波が崩れる少し手前の微妙な位置、、ってのが長年の経験から見つけ出した最高のポジションなのかにゃー。エネルギーが満ち満ちてる時に、まともに食らったらひとたまりも無い。それにしても昆布猟の皆さん、平然としてる。素人には危険すぎるけどね。
No title
CHIBIさん おばんでした。

「おいおい・・大丈夫かい・・・」というのが本音です。

もし波にさらわれたら、間違いなく・・・・ですね・・・。

No title
わあ!鯨でも捕まえているみたいな・・・
そんな風景に見えました
そんな訳ないのにね・・・
北海道の海は荒々しくて少し怖いかも
おそろしかー。
凄い写真ですけど。
こんなん、命綱とかつけて行って欲しいです。
みなさん、お気をつけてください。
No title
むむむ・・・
身を切るような風と荒波。
漁師さんはスゴイですね。
こんな日は波打ち際5m手前までだって行けやしません。
うっわぁ~!
圧倒されました。
こんな昆布漁、素人には出来ない職業ですね。
女性もいるようですが?
働く人…素晴らしいお写真です。
良かった!
ひげさん、
安心しました!
No title
桜子さん お早うございます。

おっちゃんもびっくりでした・・・。

初冬とは言え・・・厳しい仕事ですね・・・。
この後は干す仕事がまっています・・・。
No title
ririさん おはようございます。

疲労時、胸まで浸かっています・・・見ているほうがドキドキします。

命綱も却って危ないような気がします・・・脚にからまったり・・・・。
No title
orangeさんおはようございます。

この日も風が強く、カメラを持つ手の痛いこと・・・そんな寒風の中での仕事・・・厳しいですね。
No title
おばちまさん おはようございます。

凄いですね・・・拾い昆布漁は何回も見た事は有りましたが、流石にこの波での作業は始めてでした・・・こういった場面にであうといいレンズが欲しくなりますね。
No title
yokoさん おはようございます。

昆布漁一本で生活されている家もあるようです。
だし
 だしを取った後の昆布も 大事に佃煮にします。
命の糧
決死の覚悟でしょう

この波があるから 昆布も美味しくなる
とはいえ 怖い!
私たちは それを頂くだけ
感謝して頂きます。

見られない光景をありがとうございます。
No title
小紋さん おばんです。

昨夜のおかずの角煮・・・下に昆布を敷きました・・・柔らかい事・・・。笑)
No title
tonkoさん おばんです。

その時間にその場所にいるという幸せ・・・そんな時間を大切にしたいですね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。