カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

宿徳内へ下りる道

北海道の地名は読みづらい・・・シュクトクナイと読みます。

何時も海を写しにいく丘の左下に見える小さな集落・・・いつか昆布拾い漁の写真を載せた場所です。

この道路から見える沢も今は道路で遮断されているのだが、海岸から北の方へ続く大きな沢になっている・・・この冬、沢筋の湿地が凍ったら歩いてみようかなと思っている・・・沢の周りはかなり大きな樹が残っていて被写体にもなるし、フクロウの棲家になりそうな樹桐もかなり残っている・・・。

冬場、なまった体をいじめるのには丁度いいかもしれない・・・。笑)


どなたか一緒にいかが・・・ですか・・・?。笑)


                 or_convert_20110106213926.jpg
comments(18)|trackback(0)|未分類|2011-01-06_21:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

今年もよろしくお願いします
 明けましておめでとうございます。

 ひげさんの写真を拝見すると、心のひだのほこりが落ちるのを感じます。

 バタバタしているうちに年を越してしまいました。

 今年も昨年同様、よろしくお願いします。
No title
ご一緒するのは・・・・・だけど、CHIBI Nyanだったら同伴可能かな~。
湿地帯へ同伴出勤?笑!
こんにちは
シャッターチャンス、その瞬間・・・
その方の感性なのでしょうか・・・
見ているだけで幸せ、ひげさんは大変だと思うけど。
でも、ひげさんが一番幸せなんですよね、こんな瞬間に立ち会えるのですから・・・。
なんか、えらそうなこと言ってるような気がする(笑)ごめんなさい。
No title
NOBUさん あけまして おめでとうございます。

こちらこそ宜しくお願いいたします。

残念ながらTV映画見損ないました。
No title
りょうこさん おばんです。

あえて返コメしますまい・・・。笑)
No title
水無月さん おばんです。

はっきり言って絶不調です・・・。笑)

年明け早々・・・写真写す気が起きません・・・参りました・・・。笑)
おばんです。
冬山の気分が味わえそう・・・
でも、私のやくざな足で杖を突きながらでは無理かな・・・

こんな雪の世界歩いてみたいのですがね。
No title
はい 希望します
No title
ひげ様、お晩です。
どこかで見たような、
道東の太平洋岸沿いらしい風景。
沢を挟んでぐるっと迂回する道、逆三角形の海が見えて・・・
気持ちよさげな圧雪路。
凍った湿地の探検、ぜひご一緒させていただきたいものです。
No title
遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

シュクトクナイ・・・まるで内モンゴルにあるような地域の発音みたいです。このような所にも集落があるんですね、戸数はどのくらいでしょうか?そして生活は、買い物は・・・と、いろいろ想像してしまいます♪

ここはウォ~キングよりスキ~の方が良さそうな気がしますね^^
No title
オコジョさん おばんです。

緩やかな傾斜の陸の間を幅30mから50m内外の谷地が続いています・・・どれぐらいの距離があるのか、はっきりわかりませんが、もう少し雪がついたら歩いてみようかなと思っています。

No title
くまさん おばんです。

待ってますよ・・・。笑)
No title
orangeさん おばんです。

家から車で5分・・・です。

最近は、湿原方向へ向かうよりも海岸の諸々に興味が移ってきたような・・・・。笑)

いらしてください・・・お待ちしていますよ・・・。笑)
No title
るおやんさん おばんです。

こちらこそ宜しくお願いします。

集落の戸数は10軒無いでしょう・・・粗方が昆布漁を営んでいると思います。

おっちゃんが写真を撮っているところは道道からです・・・この景色の反対側に谷地が続きます・・・スキーでもいいかもしれませんね。
ワクワク♪
近くなら、きっと主人が手を上げたと思います^^
カメラ小僧(オジン)が二人、エッチラコッチラ・・・(笑)
でもきっと、主人は一度で懲りるほどの厳しい道のりなんでしょうね^^;
No title
お屋根が見えるかな??

どんな暮らしなんでしょう

フクロウですか 心を洗いにですね
でも でも ちょっこし無理だなぁ。
No title
きつつきさん おばんです。

いやいや緩い傾斜の丘陵地です・・・雪がもう少し降れば楽に歩けるかと・・・。笑)
No title
tonkoさん おばんです。

ダケカンバの大きな樹が結構残っているようです・・・。
この樹の樹桐が良さそうなのがあるんですね・・・昔は、フクロウも一杯いたと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。