カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

知人界隈

パラパラ・・パラパラ・・・窓を打つ大きな雨音で目が覚めた。

カーテンをあけると外はまだ暗く雨に濡れた電線が外灯の灯りに照らされ道の上で揺れている。

階下に降りて、水を一杯ぐい飲みし、インスタントコーヒーを牛乳で割る・・・昨夜、作ったスープカレーを小皿に掬い味をみる。砂糖を小さじ一杯足しかき混ぜる・・・まぁこんなものか・・・素人の味だもの・・・。笑)



   dz_convert_20111124060620.jpg



                       dsz_convert_20111124060717.jpg



   hj_convert_20111124060800.jpg



                        sh_convert_20111124061110.jpg



写真の列車は、石炭運搬用の列車です・・・釧路には今でも石炭をを掘っている鉱山があります。この線路は,選炭工場から石炭積み出し港まで走っていて国内では、多分ここだけの石炭専用鉄道です。

おっちゃんも昔は坑内働いていました・・・この熊のような身体は、そのとき作られたものと自負しています・・・最近は、弱っちくなっちまったけどね・・・。笑)






 





 

comments(26)|trackback(0)||2011-11-24_06:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
石炭を運ぶ列車って、現役で走ってるとは思わなかった~。
だって、日本ではもう石炭鉱山はなくなってると思い込んでいました。
ひげさんの若かりし頃のオカラダを見てみたいですね。
ヨダレものだとか?あ、下品でした。
No title
りょうこさん おはようございます。

主に中国ベトナムの教育炭鉱として存続しています。

何トンぐらい出しているのか、ちょっとわかりませんが、後5年ぐらいはあるのかもしれませんね・・・もう掘れる場所が無くなってきているのも事実ですから・・。

カモシカ・・・ライオン・・・トド・・・へと変遷の歴史が・・・。笑)
こんにちは~!
ヒィヤッホ~!・・・題名は重要ですね(笑)。
冬に向う?もう冬?
お写真を、のんびり堪能させていただきました。

寒いのに水ですか?
健康の源かもね。
おはようございます(笑)
おひげさまには、もう一仕事終えた後でしょうか!
みなさん、朝早い・・・

スープカレーの味見したい!
流行っているらしいけど、スープカレーまだ、食べたことないです。

ライオンでもトドでも、お会いしてみたいものです。
モノクロ
石炭を運ぶ列車がまだ存在してるなんて知りませんでしたがモノクロの画像が雰囲気にピッタリ。

スープカレーは札幌が発祥の地だとひげさんに教えていただきましたが、我が店でも家でも大もてメニューです。
これを鍋でもOKですが味醂を加えても全体に丸~くなりますね♪

ごっつあんです!
No title
モノクロの写真、風景と良くあってしびれますね!
下のお船もかわいいし。

炭鉱でお仕事されてたんですか?
すごいな!
No title
kanmoさん おばんです。

今、外は大荒れです・・・去年も年末は吹き荒れました・・・明日、早朝出かけます・・・なんだかおかしいおっちゃんの毎日・・・。笑)
No title
Bako様 おばんです。

ライオンでもトドでも・・・・嬉しいこと・・・。笑)

No title
boumamaさん おばんです。

風のたよりを見て思いつき早々にこさえてみました・・・いっつも有難うございます。笑)

今日は赤魚の蒸した奴を戴きます・・・冷凍庫の中で固まってたけど・・大丈夫かな・・・。笑)
No title
ririさん おばんです。

お天と様の下を歩けぬ身ゆえ・・・。笑)
No title
大丈夫ですよね。
最近、ビビリのぐりです…。
Mが大きくなってきてるのが、気がかりです。
備えをお願いします。
No title
すっごい迫力のあるモノクロ写真!
若い頃鍛えた身体は、骨までがっちりしてますね。
ごっつい腕やったもん。

地震は大丈夫ですか。
少し離れているからどうもないと思うのやけど。
No title
ぐりさん おばんです。

久々、ドッカーン・・・だったわい・・・ちょいビビリました・・・それでも長くなかったから・・・。笑)

お互い気をつけましょう・・・!!。
No title
あーちゃん おばんです。

けっこう来ましたね・・・長くなかったから、そんなにも被害は無いと思うけど、あちこちで揺れてます・・関西とて油断できませんからね・・・火の始末しっかりね・・・!!。

こんばんは
本を整理したら、あっと驚きました。
「夕張炭坑節」という戸田れい子さんの写真集が出てきました。
昭和56年に起きた夕張炭坑の事故後から閉山までの炭鉱の町の人々の記録です。
戸田れい子さんがそこに住みついて撮った500日の記録です。
たしかひげさんの会社のお名前は違ったと思いますが、
この写真を再び見ながら、今はひげさんのことが頭に浮かんで、より感慨深くなりました。
みなさん、立派な体格です・・ひげさんもだったのですね(笑)

釧路湿原の大きな写真集も出てきました。
すごく高価な値段なので、多分古本で買ったものです。
前から憧れていました(笑)
No title
石炭、懐かしいですね。子供の頃まだ石炭をたいているSLが走っていました。なぜか、あのニオイが好きだったですよ。
ヨダレものなんて、どちらの方ですか?親の顔が見てみたい。
No title
水無月さん おばんです。

昭和56年は、私が炭鉱に入った年です・・・北炭夕張新坑が爆発した年でもあります。
その写真集は、確か家にあるはず・・・。

釧路湿原の写真集、どなたのでしょうか・・・窪田さんかな・・・。

いつかいらしてください・・・汽車でね・・・。笑)

ひげ様、お晩です。
ご近所の方のことかと思ったら、幻の引き込み線(ご近所といえばご近所か…)。石炭運搬車が走るところ、見てみたいです。
大地の恵みの資源だけれども、時に大地が暴れることもあるからおっかない。
最初に地下深く掘っていったヒトは勇気あるなと思います。

No title
紘一郎さん おばんです。

北海道に来たのが、昭和48年でした・・・その頃はまだ、SLが現役の頃ですね・・・。

もう早いもので38年かな・?・・経ってしまいました。

シーッ・・・聞こえますよ・・・。笑)
No title
orangeさん おばんです。

釧路地方は、江戸時代の頃から石炭を掘っていたようです・・・白糠、昆布森東側方面・・・本格的な採掘は、空知・夕張方面が開拓されてからのようです。

危ないけれど、いい職場でした・・・。
No title
大きい地震があったようですが、そちらは大丈夫でしたか?こっちの方も小さい地震が結構あります。
白黒写真、すごくいい味出してますね。
No title
ようこうさん おばんです。

ありがとう・・・どっかんってな感じできたけど、異常なし・・・お互い、気をつけましょう・・・。

釧路は、台風並みの強風が吹いていて、そっちの方が怖い・・・。笑
No title
石炭列車、未だ現役なんですね、かっこいい。
もちろん、ひげさんの鍛えられた体もカッコいい(笑)
昨日は急いでお邪魔したので、今ゆっくり拝見させていただいてま~す!!
バトルって聞くとカラスを思い出すの、頭の上でバトルされて…中学生だった私は泣きそうになってた…(苦笑)
No title
石炭の運搬列車 
モノクロ写真だと味わいが有りますね~
そうなんですか!
昔はひげさんも鍛えられて~(笑)
No title
ぐりさん おばんです。

見た事無いくせに・・・。笑)

カラスは、しつこい・・・おまけに怖いもの知らず・・・それでいて賢い・・・・。笑)
No title
沙羅朋さん おばんです。

はい鍛えられました・・・おかげさまで脳味噌は、からっぽ・・・。笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。