カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

いない

巣の中には、卵が一個残っている・・・以前、確認した時には、二個あったから一羽が孵化したのかもしれない・・・昨日の朝には両親が巣を離れていたらしい・・・足元にコッコがいなかったかと聞いたがそこまで走っている車からは確認できなかったそうだ・・・この巣に入った日にちがハッキリしないので孵化したものかどうか定かでない。

巣から200mほど離れた場所で一羽を確認、その直後、二羽で飛んでいるのを見たから・・・無理かな・・・・・でも無くなっている一個の卵はどうしたのか・・・孵化したと思いたい。

写真で見たら、しっかりした巣で卵は水には浸かっていないのがわかる・・・。


別の場所では、まだ抱卵していたが、こちらの方が、水の心配がある・・・なにせ急ごしらえの巣だ・・・こちらは入巣の日にちははっきりしている。



 su_convert_20120501201321.jpg





 
comments(22)|trackback(0)|丹頂|2012-05-01_20:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!
こんばんは!
はじめまして!
鮎(AYU)と申します。

訪問者リストから、訪問させていただきました。
北海道には、未だに行ったことがなく、貴ブログを拝見させていただき、大自然の素晴らしさを頭の中に描いております。
これからは冬の厳しさを越え、良い季節になって行くのでしょうね。
また、見せていただきます。
これからもよろしくお願いいたします。

<追伸>
済みませんが、これは、どんな鳥(?)の巣でしょうか?
過去の文章から推察しますと「タンチョウヅル」のように思えますが・・・。
No title
AYUさん 初めまして・・・素晴らしい写真の数々にいつも驚いています。

ありゃ・・・鳥さんの名前が無い・・・失礼しました。

丹頂です・・・正式名は、丹頂です・・・鶴はつきません。

こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします。
No title
これは心配ですね。
放棄したっぽいですが どうなんでしょうか。
連休も釧路の天気は最悪のようでがっかりです。
曇り空じゃミズバショウも映えませんね。
No title
ひげさん ただいま~~。
卵が1個残ってるって、もう1個が孵化したら、残りはもういいってこと?
なんだか不思議というか、ちょっと残酷じゃないかな・・・。
No title
ランコニさん おはようございます。

朝っぱら、ひとっ走りして来ましたが・・・残っていた卵もありませんでした。

なんともいえませんね・・・去年も駄目だと思っていたら、子供連れの写真を写された方がいらっしゃいました。
No title
りょうこさん お帰りなさい・・・。

NYどうでしたか・・・一杯たのしんできたようですね・・・。笑)

スペアーと考えてもいいのかもしれません。

卵は、一日に一個しか産みませんから、一個生まれて翌日かその次の日までに生まれなかったら、もう駄目ですね・・最初に生まれた雛は、次の日には巣の周りを歩き始めます。
No title
これが鶴の卵 始めて見ました感動です
もっと水の無い場所に巣を作ればいいのにね、私はてっきり高い木の上に作ると思ってました
まさか地面の上とは、水がなければ狐に盗られちゃいますねだからこのような場所選ぶのかな


No title
EGUTI YOUSUKEさん おはようございます。

その通りです・・・丹頂は木に止まることが無いのでものを掴むようになっていません・・・ですから掛け軸などに丹頂の絵は間違いなんですね。笑)
No title
なんや、もの凄う不安に駆られてしまいました。
どうもないのだと思いたいです。

この連休にこうのとりの抱卵しているところを見においでとお誘いがありましたが、
雨降りに諦めました。
でもこっこ、見たいなぁ。
お父さんは心配!
おばんです。
気がかりですね。お父さんとしては気が揉める所でしょう!?
自然には自然の摂理があるのでしょうが、それでも、心配ですよね。
家族全員無事の事,祈ってます。
No title
ひげさん、こんにちわ♪
何だか心配ですねwww
ひょこっと元気な姿を見せてくれたらいいですね~

例の湖の道路脇のところ・・・車が沢山止まってますねwww
ストレスにならないと良いですねwww
遠くから、そっと見守りたいですね~
No title
あーちゃん おばんです。

この番(多分同じだと思う)は、毎年同じところに巣を設けます・・・当然のように野次馬野車も並びます・・・それこそストレスになるんじゃと思いますが、見ていると、それほど、警戒もしないし不安な動きもしていないようにも見えます。

去年も失敗したなと思っていたんですがコッコ連れを、撮影された方がいらっしゃいました・・・今年もそのパターンでありますように・・・。
No title
yokoさん おばんです。
きっと大丈夫でしょう・・・!!・・・今、湿原は水浸しです。
No title
merverickさん おばんです。


そこです・・・今日行ったら残り一個もありませんでした・・・こちらは、カラスかな・・・。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
あわわ、勝手に使ったな!と電話がきました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
紘一郎さん おばんです。

全て・・・了解です・・・。笑)
自然の厳しさ
 どうなったのか 気になって仕方ないですね。
 春が来て 水が増えると いろいろさわりが出るんですね。 
子供を育てるということが 大変なことと分かります。
 ゴルフ場あたりを 歩いているといいですね。
 
No title
釧路湿原の丹頂の卵ということですかー。微妙なところに生むんだニャー。1ー2個生むと聞いてるけど、全部孵すってことでもないんだ。1個はまさかのときのもの?鹿児島県出水市にも丹頂が飛来することがあるって何かで読んだけど、今でもそう?
No title
小紋さん おはようございます。

今朝は、雨です・・・又、湿原の水かさが増えていきそうです。
今年は湿原内の雪が遅くまで残り、繁殖が遅れました・・・そこにこの増水です・・・なかなか厳しい繁殖条件ですが・・・これも自然の摂理・・・なんとか頑張ってくれると思います。
No title
CHIBIさん おはようございます。

通常、一個か二個になります・・・二個生んだ場合も二個とも孵化するとは限りません。去年観察した固体は、一個が駄目でした。
二個とも孵化する場合も結構あります。

三個と言うのは見たことが有りませんが、見たといいう方も折られます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。