カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

水浸し

観察を続けている丹頂の巣は大ピンチです・・・抱卵中も交代の時も補修嵩上げに一生懸命です。

三時間ほど、見ていましたが、その間、交代は三回、食事なしの作業です・・・。

巣はもう完全に浮き巣状態で交代時二羽が乗ると巣はグッと傾き卵が転がっています。卵自体も下部は水に着いているような気もしますが・・・。

湿原内の丹頂の巣はどこもこんな状態かもしれません・・・まだまだ下流部の水かさは増えていきそうな様子です。五十石橋を渡るとき、橋の下は凄い事になっていた、河川敷は完全に泥水の中・・・この水かさでは、細岡の駐車場は水浸しかなと思っていたがさほどでも無く、昨日よりも五センチほどふえたぐらい・・・湿原がいかに水位を抑える役目をしているか良くわかります。今日の午後あたりからでしょう、一気にふえていくと思います。
comments(12)|trackback(0)|未分類|2012-05-05_20:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱりー
大雨と聞いて心配していましたがー。
No title
Bako様 おはようございます。

三時間半ほど見ておりましたが、その間、必死の補修作業・・・きっと疲れもピーク・・・それでも厳しい自然・・・勝てるかな・・・?。
No title
水浸しになってしまったら、もう孵化する可能性はないですか?
予測しなかった大雨では、補修もなかなか追いつかないでしょうね。
必死になんとかしたいという姿が見えて、ウルッとします。
No title
りょうこさん おはようございます。

一説には、水に一回浸ってしまったら、駄目と聞いていましたが、どうでようか。
外敵から身を守りやすい湿原の中が繁殖地になるのですが、こういった事態はもう本能の中に刷り込み済みのはずです。

直ぐ横10m位のところにちょっとした高い所、それでも1mぐらいか・・・?あるのですが・・・そこよりも身の安全を優先といった所でしょうか・・・巣作りの時、警戒はかなりしているようです。

ほんと必死の作業です・・・三時間動きっぱなしで下・・・その間も水嵩は増えていくのが目視できました。
No title
頑張ってほしいな!思わず涙が出ます
自然界は厳しいもんですね
No title
EGUTIさん おばんです。

例え本能と言えど、あの様は、感動します。
No title
豪雨に落雷、雹に突風、竜巻と…ひげさんとこは大丈夫でしたか?各地の被害状況が明らかになるにつれ…自然に逆らえないもどかしさと怖さが募ってました。
丹頂の巣作りの場所、守るゆえの選択とはいえ…自然は厳しいなと思わずにいられない…です。
こちらは大丈夫でした、河川の濁流は収まってきたようです。
No title
昨日の関東の大雨が北上したのではないかと心配です。
No title
ぐりさん おはようございます。

内地の方は、とんでもない被害が出たらしいですね・・・気候も大陸並みになりつつあるということでしょか・・・。

お互い気をつけましょう・・・あの雨風雷の中、新しい命も生まれましたよ・・・・。
No title
われもこうさん おはようございます。

湿原は、今、最高水位の状態です・・・夕方などいい景色が見られてiru用でエスが・・・・又、その逆で生き物にとっては大変なことです。その中でも昨日の朝、新しい命が生まれてきました。
自然は脅威
 自然は驚異 自然は脅威 竜巻も怖い 水も怖い
 どうか 赤ちゃんたちが 無事に 過ごしておりますように。 
 昨日今日 霧のように 霞がかかっています。
No title
小紋さん おばんです。

油断ならない時代になってきましたね・・・夏過ぎの九月も同じ酔うな災害にならなければいいですね・・・その他の動物も今子育ての真っ最中です・・・そろそろめんこい顔を見せてくれるはずですが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。