カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

丹頂哀歌

昨日午前中は朝三時半から走り回っていましたが・・・写真は数枚のみ・・・こんなことじゃいけませんね・・・。笑)

お昼からは、上級救命救急講習の後半戦5時間・・・おかげさまで合格いたしました・・・実は以前の資格、うっかり更新しわすれ二回目の受講でした・・・釧路町消防署のみなさんありがとうございました。笑)

先日、写した某所の丹頂の様子・・・凡そ三時間半・・・ピンボケですが、その様子を載せてみます。

 100PENTX-IMGP2915_IMGP2915_convert_20120511062804.jpg

上の写真は一回目の交代の様子です・・・二匹で付近の浮き葦をかき集めています・・・この後、一羽は水の中へ巣の周りの葦を集め出しました。



 nikaime_convert_20120511062916.jpg

二回目の交代です・・・卵が二個見えると思います。

都合で三回目の交代までしか見れなかったのですが・・・流石に三回目の交代の後は、両方とも疲労の色濃く、行動が緩慢になっていました・・・抱卵中に出していたグルルグルルというなき声が、今でも耳に残ります・・・・卵に必死で呼びかけていたんでしょうね・・・。

comments(30)|trackback(0)|丹頂|2012-05-11_06:39|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
おめでとうございます。
更新忘れは残念でしたが、再度確認という意味ではよかったのでは?
切ない親の姿ですね・・・手を貸してやれないのが歯がゆい気になりますが
これが自然の掟でしょうか・・・。
お疲れ様でした。
No title
俊介さん おはようございます。

そうですね・・・救急法は年々改正されわかりやすく、実地もされやすくなってきています。
どこで使う事になるかもしれません・・・優先するのは人も動物も命ですね・・・。
巣の場所が気になります
おはようございます。
ひげさん色々挑戦しているのですね。感心・感心
丹頂の巣、水の中で大丈夫ですか。水位が上がればジプシーの丹頂になってここがいい、あそこがいいとグルル・グルルと鳴くのでしょうか?
No title
珍しい写真ありがとうございます。
必死に巣作りする姿が健気です。
試験の合格おめでとうございます。5時間は大変でしたね。
お疲れ様でした。
No title
ご苦労様でした
親鳥の必死の姿 感動ものです 子供を粗末にする人間の親もこういう鳥の姿見て反省せいよ
自然と共存できなくなってく人間の哀れさかな
No title
阿多の海さん こんにちは・・・。

有難うございます・・・これは受講をすれば・・・真面目にですよ・・・・笑》・・・どなたでも資格がいただけます。
阿多の海さんも家庭に一冊では有りませんが、是非受講なさってみてください。本当に自分の家族の為、自分の為になることは間違いありません。以前よりも心肺蘇生法も簡素化され、解かりやすくなりました。

丹頂は時季的にもまだ繁殖の可能性は残されているので別の場所になるか水が引いてから、又、ここで繁殖するのか・・・見届けて見たいですね・・・。
No title
kazumiさん こんにちは・・・。

何年ぶりの試験なるものでした・・・。笑)

これは国家資格などと違い、難しい物ではありません・・・いざという時に役だてれるようにしっかり覚えておきたいです。
内容も以前よりも簡潔になり、凄く覚えやすくなりました・・・kazumiさんもお忙しいでしょうが、是非、受講してきてください。
No title
EGUTU YOUSUKEさん こんにちは・・・。

みなさんにあの鳴き声を聞いて欲しいですね・・・・。

人も動物も一緒なのですが、生活がシンプルな分、動物の愛情の深さが見えやすいです。
No title
5時間の講習会、お疲れ様でした。
説舞を読みながら、お写真を拝見していますと、親の子を思う心に
つい、涙がでてきてしまいます。
助けてあげられないのですね、野生の生物に手を貸すのもいろいろと・・・。
No title
こんにちは。
救急法なんて、使わなければ忘れてしまいますね。
あってはいけないことですけど。
やっぱり毎年講習を受ける方がいいようです。

卵、無事に孵化するといいなぁ・・・
毎回心配で心配で堪りません。
おとうさん、お母さん、頑張れ~
No title
tinypinさん こんにちは。

できれば、ずっと見ていたかったのですが、時間もなく・・・参加目までの交代で終わりとしました。

あの鳴き声は、絶対わすれられないと思います。

No title
あーちゃん こんにちは・・・。

救急法は、頻繁に受けた方がいいですね・・・。

でも今回は簡素になったというか覚えやすく心肺蘇生法も解かりやすくなりました・・・使わないに越した事は無いですが、覚えていた法がいいですね。

今年は湿原の雪解けが遅く、十日以上も遅れて産卵する個体が多かったのですが、三月末に繁殖に入った個体は助かっているようです・・・あちらこちらで可愛い雛を確認しています。
こんにちは!
こんにちは!
良く見させていただいておりますが、
いつもコメントが多く、なかなかコメントができずに・・・。

私は、北海道には行ったことがなく、ブログを見せていただき、大自然を感じている次第です。
当方(大阪)近郊には、いや、かなり遠くに行きましても、この
大自然を見ることはできません。
羨ましくもありますが、厳寒のことを考えますと・・・。

「タンチョウ」、未見ですが、優雅な写真が多く、あまり苦労がないのか、と思っていましたが、やはり”野鳥”ですね。
厳しい環境が待っていますね。
無事に雛が孵り、大きく育ってくれることを、遠くから祈るばかりです。

また、見せていただきます。
よろしくお願いいたします。
生きる
 劣悪な条件の元 必死で抱卵する夫婦
 どうぞ 無事に 生まれますように。
 水が引きますように。
 
こんばんは
5時間もお疲れさまでした。何でも上級となれば難しいのでしょうね。良かったです(笑
丹頂は、大変な場所で子育てしているのですね。
見ているだけで切ないですね。

薬もつけることなくOKだそうで、良かったです(笑)
No title
講習会が5時間もあるんですか・・・おつかれさまです。
ツルの行動には驚きますね。親というのはせつないですね。
No title
救命救急の講習って結構大変ですよね。
自分は普通救命ですけど、結構大きな声も出さないといけないし体力も結構使いますしね。
たしか自分も来年あたり更新かな?
まぁ自分は職場で管理しているので忘れはしないと思いますけど・・・」
No title
今晩は
更新を忘れてしまうと、もう一度受講しなければならないんですね
ご苦労様でした

雛が無事かえると良いですね
おばんでございます!
ひげさんはもう爆睡中でしょうか?
試験は勿論合格!ひと安心ですが、
丹頂さんたちの様子…自然の摂理とはいえ、気になりますね。

No title
まるで日本画を見ているような幻想的な景色ですねー。
美しい。。。

講習会ごくろうさまでしたー。
No title
ひげさん、おめでとうございます。
この所の異常気象。
北海道は、雪が降り積もり冬に逆戻りとか・・・
ひげさんの気持ちが伝わったのでは?
親丹頂のグルルグルルと言う鳴き声が、切ないですね。



No title
AYUさん こんにちは・・・。

こちらこそ目面しい鳥を一杯見せていただきありがとうございます。

丹頂は大型名鳥です・・・その分、長生きもしますし・・・知性もあります。
No title
小紋さん こんにちは・・・。少しづつ水は引き始めています。でも昨日辺りは北からの風が強く所によっては雪マーク・・・厳しい春です。
No title
水無月さん こんにちは・・・。

消防署の方に親切丁寧に教えていただきました・・・それで無ければ・・・このぼんくら頭・・・試験なるものなど・・・・。笑)
No title
紘一郎さん こんにちは・・・。

素晴らしい子供さんをお持ちになられたんじゃないですか・・・。
親の喜びの最たるものではないでしょうか・・・・!!。
No title
ヒロボさん こんにちは・・・。

講習会は、まめに参加していなければ忘れてしまいますね・・・・三十回に二回・・・しっかり覚えました。笑)
No title
チャンコナベさん こんにちは・・・。

丹頂の雛は、あちらこちらで孵り始めています・・・私も二羽確認しましたが・・・写真は撮らずでした・・・。
No title
ばばちゃんさま こんにちは・・・。

今年の繁殖は、十日ほど送れた番が多かったようです・・・これは雪解けが遅れた所為ですが、そこにこの大増水です・・・、水がひけば直ぐ繁殖に入ってくれるものと期待しています。
No title
ririさん こんにちは・・・。

多分、大昔の日本の原風景はこんなものだったのかもしれませんね。

湿原に憧れる人が多いのも太古の記憶からかもしれません。
No title
monalisaさん こんにちは・・・。

冬に逆戻りの道東でした・・・寒いこと寒いこと・・・。笑)

再試験は、高校時代を思い出します・・・。笑)

monalisaさんも師範免許おめでとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。