カワガラスの釧路川日記Ⅱ

釧路湿原周辺の毎日を書いています。

プロフィール

hige

Author:hige
釧路湿原、釧路川カヌー、写真撮影やらなんやら萬ガイドを生業にしております・・・日々の諸々をブログに書き留めております・・・お暇つぶしにでもどうぞ・・・。
明るくのんびりがモットーなんですが・・・のんびりしすぎるの声もあり・・・。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

新緑のキラコタン岬

湿原の中にありながら岬の名前が付いているのには、訳があります。

大昔、凡そ6000年前には釧路湿原は海だったからなんです・・・ちょっと不思議な気がしませんか・・・目の前の草原、ここを鯨が泳いでいたかもしれない・・・。今では、湿原の神様と呼ばれる丹頂が繁殖する大湿原です。

釧路湿原の核心部ですね・・丁度湿原の北側から湿原全体を見下ろす・・・そんな風に思ってください。



 dkou_convert_20120612204425.jpg


景色もさることながら、岬の先に吹く風の気持ちいいこと・・・見上げればミズナラの巨木に新緑の若葉・・・いうこたぁございません・・・。



                        kirkot_convert_20120612204527.jpg



                        mizunr_convert_20120612204759.jpg



帰り道、林の中につながれた道産子発見・・・鶴居道産子牧場のお馬さんたちだ・・・ここにつながれているのには訳が有ります・・・ここからキラコタン岬先端一帯は、特別保護区で車馬の乗り入れが禁止されているんです・・・で・・ここで彼らは御主人を待っているわけなんです・・・。笑)

保護区内に行きたい方は、鶴居村教育委員会へ連絡してみてください・・・。



                        dsnk_convert_20120612204630.jpg



今日のマクロ写真は、可愛い・・・?・・・真っ赤な唇・・・・マッチの先よりももっともっと小さい・・・。



                        aka_convert_20120612204836.jpg







 
comments(18)|trackback(0)|湿原|2012-06-12_21:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
何年も前ですが岬へ行こうとしたらメクラアブの大群に襲われ それ以来行こうとはしません。
一度は行きたいと常々思ってるんですけどね。
そろそろエゾハルゼミが喧しくなってきましたね。
今日は病院へ行った後に歩きに行ったら初トンボと初キアゲハ、初ヘビに遭遇しました。
湿原と森と川の織り成す雄大な
風景、ずーっと眺めていても飽きないでしょうね。
小さな小さな世界も、見れば見るほど面白い…
赤いのは苔の花?
何重にも
 蛇行する雄大な川 湿原の主が 遠い昔は鯨さん?かもしれないんですって!  
 底は いつトップに躍り出るかわからないですね と 思うような景色です。
 萌え出ずる緑の風景 ちょっとかわいい馬
 鶴も馬も 海から生まれた?
No title
ランコニさん おはようございます。

蜻蛉が一杯飛んでいました・・・蝉も煩い・・・ぐらい鳴きだしましたね。

初夏から夏へ・・・もう直ぐです。
No title
orangeさん おがようございます。

とにかく風が気持ちよかったです・・湿原の上を丹頂が飛んでいたり・・・なまら気持ちよかったです。

この子は、菌類だと思います・・・あとで調べておきます。
No title
イングランドの湖水地方とはまた違う雄大な風景です!
馬さえ入れない所があるなんて知らなかったですが、日本でも規制された場所があるんですね。
まっ赤な口紅が妖しい雰囲気~!
No title
小紋さん おはようございます。

ここは、特別保護区になっていて、許可無く立ち入りは出来ません。周りには湧水もあって、癒されますよ。

全ての生き物は海から・・・そんなことをここで想うのもいいかもしれませんね。

No title
りょうこさん おはようございます。

いい景色でしょう・・・写真では伝わらないんですが、風が気持ちいい・・・。

心が洗われるような・・・・そんな場所です。
No title
素晴らしい景色 あの川の中に幻のイトウが悠々と泳いでいるんですね
特別保護区って何か珍しい動植物の繁殖地になってるんですか
馬はどの位じっと待っているんでしょうね

気持ちの良い風 充分伝わってきますよ イキティな
こんにちは
いうこたぁございません・・・

そうでしょう、そうでしょう・・・。
心地よいため息が、聞こえてきます(笑)

釧路湿原は海だったのですか。
鯨から、丹頂へ・・・悠久の時の流れ
そんな場所で、深呼吸がしたいです。
いうこたぁございません・・・ひげさん、いいなぁ(笑)
No title
EGUTIさん おばんです。

イトウいますよ・・・でも数は少なくなっています。

キタサンショウウオ、カオジロトンボとか古い形態の生き物がいます。

天邪鬼的な考えをすれば、湿地だったから人が利用できなかったということなんでしょうが・・・古代の日本国は、こんな風景の中にあったんじゃないでしょうか・・・。
No title
水無月さん おばんです。

そうです、そうです・・・いつでもどこでも深呼吸が大事なんです・・・。笑)
No title
北海道もすっかり初夏ですね。緑がとても美しいです。
このまっ赤な花の正体を知りたいものです。マッチの先より小さいとは思えない存在感ですねえ。
No title
紘一郎さん おばんです。

残念ながら名前はまだわかりません・・・多分、花では無く、菌類だと思うんですが・・・。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは!
こんばんは!

雄大ですね~。
大阪とその近郊にはこんな良い景色はないでしょうね。
もっとも近くの大きな湿原は、信州の霧ケ峰でしょうか。
ただ、この釧路湿原も小さくなっているのでしょうか。

「タンチョウ」(野生)は未見です。憧れです。
一昨年(?)三重県に来ましたが行っておけば良かった、と。

しかし、遠いです。
当分は、ブログを見せていただき楽しませていただきます。
No title
鍵コメ様 おはようございます。

こちらは、問題なしです・・・大丈夫・・・!!。

リハビリ、頑張ってください・・・応援してます・・・!!。

No title
AYUさん おはようございます。

確かに小さくなっているようです・・・それでも南北35キロ東西25キロという広大な面積があります。

野鳥も大きいものでは、オジロワシ、丹頂、ノスリ、チュウヒ、クマタカ、オオタカ、ミサゴ、ハヤグサ、チゴハヤブサ、ハイタカ、など・・・川にも一杯いますが・・・。笑)

いつか丹頂を撮影にいらしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。